コールセンターのお仕事

生命保険に加入している人も多いでしょうが、最近では各保険会社とも独自色を出すためにいろいろなサービスを打ち出している傾向が見られます。その中でも健康相談ができるのを売りにしている商品もいろいろと出てきています。この健康相談を受け付けるスタッフとして、医療の専門家である看護師を募集するケースも増えてきています。

コールセンターには、健康に関する各種相談がきます。それに対して、医療の素人でもわかりやすく解説をして、問題解決の方法をアドバイスします。面と向かって話をするわけではないので、言葉を慎重に選びながら対応する形になると思ってください。

コールセンターは、未経験者でもOKとしている求人もしばしばみられます。大きな会社になると、研修をしっかりと行っている所も多いです。電話対応の基本的なマナーなどを学んでから実際に仕事ができるので未経験者でもそれほど心配をする必要はないでしょう。電話による応対のみなので、全く医療行為をする必要はありません。

デイサービスのお仕事

高齢化が進んでいることもあって、介護の世界でも看護師の需要がどんどん高まってきています。介護の世界では病院やクリニックと比較すると、医療行為そのものを行うことは少ないです。医療行為の少ない転職先を探しているのであれば、デイサービスで仕事をしてみるというのも一つの方法です。

デイサービスとは、自宅療養している高齢者を日中だけ預かるというサービスをさします。入浴させ、必要なリハビリを行っていきます。またレクリエーション活動を通じて、より生き生きとした日常生活を高齢者が送れるようにお手伝いをするのが主なデイサービスの役割です。

デイサービスの中の看護師の仕事は、主にバイタルチェックの仕事です。利用者の体調に問題がないかどうかのチェックをします。もし体調に異変があれば、入浴を控えるなどの他のスタッフに指示を与えることはあります。しかし医療行為に関しては、まず担当することはないでしょう。もし何かあっても、病院に連れて行くからです。

企業内医務室勤務の産業看護師のお仕事

看護師というと転職先は、病院やクリニックしかないと思っている人もいるでしょう。しかし最近特に都市部を中心として、一般企業で看護師の募集を出しているケースも見受けられます。社員の健康管理をしてくれる看護師を募集している所が、大企業などで増えてきています。

産業看護師や企業看護師などと呼ばれていますが、会社の中に医務室があります。こちらで社員の健康相談に乗るとか、健康診断を行う所が多いので、その結果を見て個別の社員に必要な保健指導を行うといったことが中心になります。ケガなどをしたときに簡単な応急処置を施す必要はありますが、基本的にほとんど医療行為を行う必要はない仕事と思ってもらっていいです。

一般企業の場合、基本的に夜勤はありませんし、土日や祝日は休日になっています。病院で勤務してきた看護師にとっては、規則正しい生活が送れます。給料も病院で勤務していたころと比較して夜勤なしでもそん色ないので、かなり高い人気の案件になってきています。

健康診断のお仕事

医療行為の極力少ない仕事を探しているというのであれば、健康診断の案件はそれほど医療行為をいろいろと行わないので応募しやすいのではありませんか?健康診断は正規スタッフもあれば、アルバイトで募集している案件も多いです。特に年度初めの春先には、数多く募集の出る傾向があるので情報の確認をしておくべきです。

健康診断は病院と違って、何らかの疾患を抱えている人が訪れるわけではありません。健康体の人が訪れるわけですから、自分の処置のちょっとしたミスで命の危険に追いやることはまずないと言っていいです。よって精神面であまりプレッシャーを受けることなく仕事ができます。

ただし健康診断の仕事内容の中には、採血の業務が含まれる可能性があるので注意してください。看護師の中には、採血が苦手という人もいるでしょう。健康診断によっては、1日に100人単位の採血をすることもあって、それなりに高い採血スキルが要求されるケースも考えられます。

ブランクがあり、採血スキルに不安がある方は、看護師復職支援セミナーも合わせて利用することをおすすめします。

訪問入浴のお仕事

看護師の中で、医療行為のなるべくない仕事をしたいと思っている人もいるでしょう。ブランクのある人は医療行為のスキルが落ちているかもしれないという不安を抱えているケースもあるでしょう。また医療行為でミスをしたことがあって、医療行為をしたくないという看護師もいるはずです。そのような人におすすめの仕事として、訪問入浴があります。

訪問入浴とは自宅療養している高齢者の自宅に赴き、入浴をするサービスのことです。入浴をするには、それなりの体力が要求されます。そこで入浴できるだけの体力があるかどうかを看護師が診断をします。バイタルチェックなどを行って、問題ないようであれば、介護スタッフが利用者の入浴のお手伝いをします。入浴できるかどうかのバイタルをチェックするだけで、具体的に何か医療行為をする必要はありません。

入浴の介助は介護スタッフが行います。しかし場合によっては、看護師もお手伝いすることもありますので、その点はあらかじめ理解しておくことです。

老人ホームのお仕事

高齢化が進んでいることもあって、高齢者の介護の問題も出てきています。日本全国で高齢者を収容できるような介護施設もいろいろと建設されています。老人ホームで看護師の求人情報が出ているのも決して珍しいことではなくなってきています。老人ホームも看護師が医療行為をすることは少ないです。

老人ホームの場合、症状を抱えている人でも慢性期を迎え比較的症状の安定している人がほとんどです。このため容体が急変して、看護師が医療行為を行わないといけないというケースはまずありません。また深刻な症状が起きたとしても、老人ホームは医療施設ではないので対応できる能力にも限りがあります。

そこで速やかに病院に通報して、医療スタッフの手にゆだねることになります。このため、看護師は医療行為を行うことはまずないと言っていいでしょう。老人ホームで仕事をする場合、施設によって日勤だけという所もあれば、夜勤も担当しないといけないケースもあります。どのような勤務時間になるのかは、事前に確認すべきです。