訪問入浴のお仕事

看護師の中で、医療行為のなるべくない仕事をしたいと思っている人もいるでしょう。ブランクのある人は医療行為のスキルが落ちているかもしれないという不安を抱えているケースもあるでしょう。また医療行為でミスをしたことがあって、医療行為をしたくないという看護師もいるはずです。そのような人におすすめの仕事として、訪問入浴があります。

訪問入浴とは自宅療養している高齢者の自宅に赴き、入浴をするサービスのことです。入浴をするには、それなりの体力が要求されます。そこで入浴できるだけの体力があるかどうかを看護師が診断をします。バイタルチェックなどを行って、問題ないようであれば、介護スタッフが利用者の入浴のお手伝いをします。入浴できるかどうかのバイタルをチェックするだけで、具体的に何か医療行為をする必要はありません。

入浴の介助は介護スタッフが行います。しかし場合によっては、看護師もお手伝いすることもありますので、その点はあらかじめ理解しておくことです。

コメントを残す